元気なおばあちゃんポメ クゥの日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立ち
2012年11月29日 (木) | 編集 |
今まで、病院の診察室で写真を撮った事はありませんでした

でも、今回は、これが最後になるかも・・と思って

頑張るクゥの姿を、数枚の写真と、動画に撮りました


とても辛く、中々記事に出来ずにいましたが、

健気に頑張ったクゥの様子を、残してあげたいと思っています




文字ばかりで長いので、2回に分けようかとも思いましたが、

そのまま一回で載せます


甘ったれのクゥが、最後に、健気に、とっても頑張った記録です




☆☆・・・☆☆・・・☆☆・・・☆☆・・・☆☆




2011年8月12日のお昼頃、クゥ、急変

最初は、グルグル回っていたので、前庭障害かと思う


病院はお昼の12時~16時まで、手術などのため一旦閉めてるので、

急いで行くから診て欲しいと電話

そうこうしてる間に、クゥが倒れました

急いで抱き起こすと、体がグニャっとしていました

私はパニックになり、旦那に電話するなり号泣してしまいました

旦那に、

「大丈夫だ!お前がしっかりしろ!

お前が泣くとクゥが不安がる!しっかりしろ!!!」と怒鳴られ、

ハッと我に返り、クゥに謝って、急いでタクシーで病院に行きました




病院に着くと、先生が待っててくれて

すぐにクゥは色々な処置をしてもらいました

病院にて

それと同時に

今夜が山になること

覚悟をしてほしい事を言われました


信じられませんでした


昨日まであんなに元気だったのに、なんで・・・



「急変です・・心臓病のワンちゃんは、これが一番怖いのです・・」


いくら説明をされても、信じられませんでした



旦那も駆けつけて、交代でクゥに酸素を吸わせ続けました

「頑張れ、頑張れクゥ、大丈夫だからね、お願い、頑張ってクゥ」

何度も何度も言いました

クゥは、ちゃんと聞いてたと思います

あたちがんばる
とても頑張ってくれてました


クゥは、もう、自分で立てなくなってたけど

でも、私の姿が見えなくなると、キョロキョロして起き上がろうとするので

旦那に何度も

「お前が見えないとクゥが探すから、クゥの見える所にずっといろよ!」

と、言われました



頑張ったクゥの状態は落ち着き

そのまま酸素室に入院させる事になりました


不安だけど、でも、絶対大丈夫

明日の朝は一番に迎えに来ようと思ってました


夕方5時頃、クゥを酸素室に入れて、病院を出ました

クゥは不安そうにジッと見てたので、安心するように声を掛けて帰りました

クゥパパは仕事を抜けて来たので、また仕事に戻りました



夜8時半頃、病院から電話がありました

クゥの容態は悪くはなってないが、良くもなっていない

それが良い状態ではないとのこと・・

お薬を飲ませようとすると、嫌がって怒るので

今から来て欲しいと


怒る元気があることに、少しホッとして病院に急ぎました


私が行くと、酸素室の中で横になっていたクゥがムクッと起きて

お目目をまん丸にして私を見ました

「おかあさん、おかあさん、おかあさん!!

あたちをひとりにしないで!!!」


って言ってるように見えました


急いで抱っこをすると、クゥが安心した様子なのが分かりました

先生から渡されたお薬を飲ませると

素直に飲んでくれました


それから、またクゥに酸素を吸わせ続けました

酸素マスクは、酸素室より高濃度の酸素なので、楽なんだそうです


クゥに酸素を吸わせながら、これからどうすればいいんだろうと考えました

病院に、一晩中いさせてくれるとは思わなかったし、

少し回復したら、また入院させて私は帰らなきゃいけないんだろうか・・

でも、それで大丈夫だろうか?

退院したらすぐ酸素室をレンタルした方がいいだろうし・・

これからどうすればいいのか、先生に聞いたのですが・・


先生は

「出来れば、ずっとそばにいてあげて下さい

すぐに、お父さんも呼んだ方がいいです」


それは、もう、朝まで持たない・・と言うこと・・


クゥが死んでしまう・・・


クゥが死んでしまうんだ・・・


小さく「・・ハイ」と返事をするのが精いっぱいでした



でも、ずっと病院にいさせてくれた事、先生に感謝しています

急いで私を呼んでくれたことも・・・


ほとんどの動物病院で、クゥのような状態のワンコにたいしては

次の二つから選択を迫られると思います

「朝、亡くなってるのを覚悟の上で、入院させる」

もしくは

「そのまま連れて帰る」



ブログでも沢山読んできたし、実際、知り合いのワンコもみんなそうでした


病院で、クゥを一人で逝かせるなんて、絶対に出来ないと思っていました

なので、いざと言う時は、連れて帰るつもりでいましたが

でも、その場合、ほとんどの子があっと言う間に・・

だいたい20分以内に・・が多いそうです

それを知っていたので、どうしたらいいのか分からなかったし、

とても怖かった・・


でも、先生は、クゥの状態を見て、最初から徹夜の覚悟でいたようです

病院でクゥを一人で逝かせる事も、

病院から出して、苦しませながら逝かせる事もないようにと考えてくれたようです


途中からは、隣の部屋で待機してくれて

呼べばすぐ来てくれる体制をとってくれたので

クゥに色々話しかけながら過ごす事が出来ました




クゥパパが来るまでの間、何度か危険な時がありました

徐々に、クゥが弱っているのも分かりました

でもきっと、クゥはパパを待ってるから、それまでは絶対大丈夫だとも思いました



旦那が仕事を終えて、急いで病院に着いたのは深夜過ぎていました

仕事上、遅いのはしょうがなく、旦那なりに、相当急いだはずです


↓の写真はクゥパパですが、クゥパパが来た時

私が写真のようにクゥを抱きかかえて酸素を吸わせていました


がんばるクゥ

その時、もうクゥは、顔すら動かす事が出来なくなっていました

ドアはクゥのお尻の方にあるので

クゥは、入って来たクゥパパを見る事も出来なかったけど、

クゥパパが

「クゥ、ただいま!クゥ、クゥ、ただいま!」

と言うと、声と匂いですぐ分かったのでしょう

もう、全く動く事の出来なくなってたクゥが

尻尾を、何度も何度も振りました


ブログのタイトルにもしたポンポンみたいな可愛い尻尾

フワフワの可愛い尻尾を、何度もフリフリフリフリして、喜んでいました

クゥの最後の精一杯の愛情表現でした

本当に、嬉しかったのだろうと思います



もう、胸がいっぱいになりました



それを見ていた先生が

「嬉しいんですね。こんな状況でも、嬉しいんですよね

ちゃんと分かってるんですよ、全部分かっててて喜んでるんです

これかだら犬ってやつは・・

たまらないですよね・・」と・・


苦しかったはずなのに、それよりも、嬉しいって喜んでいました

苦しいよりも、「おとうさんが来てくれて、嬉しい!」って一生懸命表現していました



(旦那が、「ただいま」って言ったのは、

クゥに、「ここはクゥの大好きなお家だよ」って思わせるためだそうです。)



親ばかですが、クゥってなんて健気でいい子なんだろうと思いました



病院で過ごしている時も、クゥは、苦しいより

一緒にいてくれて嬉しいって思ってるようでした


愛情の深さや大きさが、人間のそれとは比べ物にならないんだな~と思いました


もう、本当に、たまりませんでした


ずっと、クゥに「頑張れ頑張れ」って言っていたけど

もう、言えなくなりました


私たちから見ても、もう、クゥの時間は終わりに向かっているのが、

分かりました


クゥに残されているのは、どう旅立つか・・


クゥが苦しみだすと、その様子は、壮絶でした

まるで、拷問を受けているように苦しむクゥの姿を、

私たちは、ただ見ているしか出来ないでいました


旦那と、本当にクゥの事が可愛いなら、どうすべきか

話し合いました


本当にクゥを可愛いなら・・


本当にクゥを大切なら・・


クゥの親として、クゥに最後にしてあげるべき事は何か・・



長い間、私たちに沢山の幸せをくれたクゥを

こんな状態でも、嬉しいと表現してくれるクゥを

苦しませながら逝かせるなんて出来ない・・


可愛いクゥが、拷問のような苦しみを味わいながら逝くかもしれない・・


それでもいいの?


本当に大切ならば、

決断しなくちゃいけないんじゃないだろうか・・


神様に、試されてるような気分でした


ほとんどの場合、クゥの状態になった時

ここまで頑張れないそうです

もっとあっさりと・・旅立つ子が多いそうです

クゥが何度もあの苦しみに耐え、こんなに頑張ってくれているのは、

私たち夫婦に自分が逝く事を納得させ、看取らせる為だろうと思います



こんな健気で親孝行なクゥを

苦しませながら逝かせることはしちゃいけない・・


もし、もしもまたクゥが苦しみ出したら

次の発作で逝く可能性が高い・・


その時は、楽に眠らせてあげよう・・・

優柔不断な夫と私だけど、すぐに気持ちは決まりました


話しあいと言っても、言葉はあまり交わしていません

目と頷きで、決めました


クゥの様子を見ながら、もしまたあの苦しみが来たら、その前に・・


決断するつもりでした


この時まで、安楽死について、考えた事はありませんでした

まさか、考える事になるなんて、思いもしませんでしたが、

クゥが心臓病になった時点で、こういう事も、予測しておけばよかったのかもしれません


もしかしたら、「なんてひどい事を考えてるの」と思う人もいるのでしょうか?

だとしても、勝手に思ってくれてかまいませんが、

飼い主は、こういう場合も考えておくべきなのかもしれません・・


少しでも生きる望みがあるのなら、話は違うけれど、

もう、クゥに残されているのは、どう旅立つかだけでした


同じ状態のワンコをみとった方なら分かるかもしれませんが、

最期、苦しみもがきながら・・・と言うことも多いのです

それがどれほど苦しいか・・・


幸運にもここは病院で、クゥを楽に眠らせる事が出来る

それなのに、そのまま苦しみもがきながら逝かせる事は、ただの残酷に思えました


大事なクゥを、そんな風に逝かせるなんてできません


私たちは極限の精神状態に近かったけれど、

きちんと判断出来ていたと思います


出来るだけ苦しませずに、しっかりクゥを見送る覚悟は出来ました


あんな苦しみは、もう絶対味わわせないからね


私たちがクゥに最後に出来ることは、苦しみから解放してあげること・・

そう思いました


先生にその話を伝えると、

「クゥちゃんの為に、一番の方法だと思います

獣医からは、安楽死を勧めることは出来ません

どうするかは、飼い主さんの判断です

でも、賢明な判断だと思います

どんなに愛犬が苦しもうと、犬なんだから自然なままにと

何もしない飼い主さんも多いです

ひどい人は、見たくないからと、置いて帰ってしまう

正直、やりきれない時があります

どれほどの苦しみか、考えてやってほしいと思ってしまう時があります」

そう言って先生は、準備をしてくれました




それからは、クゥに掛ける言葉は

「もう十分頑張ったよ、偉かったね、クゥ」

「もう頑張らなくていいからね、クゥ、もうゆっくりネンネしようね」

に変わりました

「クゥ、聞こえる?分かる?」と言うと

クゥのお手手がピクっと動く時があったんです

最初は偶然かと思ったけど・・

どうも、偶然じゃないような感じ・・・


クゥはちゃんと聞いてる!!って思いました

それからも、お返事をするかのように

お手手をちょこっと動かしてくれました


クゥが安心して旅立てるように、沢山の言葉をかけました

それから・・

「ずっとそばにいるから、ちゃんと見てるから、もう安心して逝きなさい」

と、言うと、また、クゥのお手手が動きました


もういつ逝ってもおかしくない状態なので、

私たちは、急いでクゥとお別れをしました


沢山の「ありがとう」と、「大好き」の言葉も、

いっぱい言いました



クゥの最後の動画です


だいぶ弱っていますが、落ち着いてるんです




先生は横で、クゥの発作に備え、見守ってくれていました

いざと言う時は、お願いする覚悟は出来ていましたが、


クゥパパから私に抱っこを変わり、クゥパパがクゥのお顔を撫でている時

クゥは、最後に大きく息をして、そしてそのまま静かに逝きました



平成23年8月13日、午前4時06分、クゥ永眠。

最期は、眠るように、とても安らかでした


安らかに旅立てて、とても安心しました


それから私はクゥの名前を呼びながら泣き崩れ

クゥパパはクゥに顔を埋め、泣いていました


午前5時過ぎ、クゥとお家に帰りました

寝ているだけみたいなクゥ

クゥと

お布団を掛けてあげて、リラックマも一緒に寝かせてあげました

ねんね
とっても安らかなお顔をしているでしょう


そして気付いたんです

クゥのお耳が、後ろを向いてるんです

後ろの音を聞く時のお耳の形です

お耳

私が話しかけていた方向に、クゥのお耳は向いていました

最後まで聞いててくれたんだ

声を聞きながら、旅立てたんだ・・・

そう思ったら、少しホッとしました


そして窓を開けたら、水色のチョウチョが目の前に飛んでいたのです

きっと、クゥだよね



クゥ、13才11カ月17日

5099日の犬生でした



クゥのおかげで、沢山の楽しい時間と幸せをもらいました



「バイバイ クゥ、また会おうね」




長々と読んで頂き、ありがとうございました









スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
涙でいっぱいです‥‥
涙が止まりません‥‥
ラッキーも心臓病があります。
ラッキーと重なりました。
いつかはかならず来るお別れ!
楽に逝かせてあげる‥‥とてもいいお話を聞きました。
とても、つらい思い出を書いて頂きありがとうございました。
いっぱい勇気をもらえました。
涙が止まりません。
2012/11/30(金) 08:07:11 | URL | ラッキーパパ #-[ 編集]
クゥちゃんのしあわせの時間を教えてくれて
ありがとう!
coocoさんふぁみりーさんに幸あれ(涙)
2012/11/30(金) 09:54:26 | URL | 岡山犬 #-[ 編集]
どんなに愛し、愛されていたか、クゥちゃん、本当に最期まで頑張りましたね。
そしてクゥちゃんの最期を見届けられたパパ、ママ、えらかったですね。
きっとブログにのせるのもつらかったでしょう。
でも、クゥちゃんが頑張って生きた証しですね。
ありがとうございました。
2012/11/30(金) 10:17:15 | URL | ベルのお姉ちゃん #-[ 編集]
coocoさん、クゥちゃんの旅立ちの時のこと、
教えてくださってありがとうございました。
涙が止まらずに、ぐちゃぐちゃの顔のまま、コメントしてます。。
がんばりやさんのクゥちゃん、
パパとママが大好きなクゥちゃん、
素敵な思い出をたくさんありがとう。
愛と幸せに満ちあふれた5099日の犬生でしたね。
いつかジルもそちらに行きます。そのときはどうぞよろしくね
2012/12/01(土) 09:09:42 | URL | JIL.de.lion #FjeCCoO6[ 編集]
涙でパソコンの字が見えません。

クゥちゃん、がんばりましたね。
最後まで、かわいい!
ほんっとに、かわいいです!
そしてcoocoさんもクゥパパさんもがんばりましたね。

とてもとても幸せな犬生です。

クゥちゃん、また水色のチョウチョになってなずなに会いに来てね。
そして、なずながそちらに行った時には、またデートしてね。
2012/12/01(土) 11:55:02 | URL | なずな・まま #ZJmJft5I[ 編集]
クゥちゃん、とっても立派な最期でした。
そして、お見送りするパパ・ママさんも。
自分が葵を見送った時と重なってしまい、涙が止まりません。
「ありがとう」って言って旅立ったクゥちゃん、本当に、幸せな一生でしたものね。
あれから秋が来て、冬になって、そしてこれからもずっと、クゥちゃんへの思いが薄れることは、絶対にないでしょう。
クゥちゃんも、いつもパパ・ママさんのこと、思っていることでしょう。
2012/12/02(日) 15:05:47 | URL | yokko #-[ 編集]
クゥちゃん
クゥちゃんは まさしく「ponpon Tail」だったね
ちゃんとおしっぽでおとうさんとおかあさんに
お礼も言えたし、お別れも言えたんだね
クェちゃんの「おとうさん、おかあさんありがとー」の声が
聞こえてくるようです
最後はどうか苦しまないように…
これは アタシもチャコの時に常に思っていたことと同じです
チャコは クゥちゃんのように病気を持っていたのではないけれど
亡くなる半年ほど前から老衰がどんどんと進み、
もうそんなに長くはないな、と感じられるようになっていました
その頃から お地蔵様を見かけたり、
神社に行くたびに 「どうかチャコが苦しむことのないように…」と
そればかりをお願いしていましたから…
状況はぜんぜん違いますが、
これ以上クゥちゃんを苦しませることはできないって
そう決断したご夫婦の気持ち、分かる部分が大いにあります
coocoさん、ほんとに辛かったね…
クゥちゃん、立派な生き様を見せてくれてありがとう
みんなに「クゥちゃん偉い!いい子!さすがクゥちゃん!」って
そういっぱい褒めてもらえて
クゥちゃんは「えっへん♪」って 喜んでいると思います
2012/12/02(日) 18:39:52 | URL | こまいぬ #EuFWPCZ6[ 編集]
最期まで
久しぶりのコメントで・・・
涙が出て前が見えませんが・・・・
クゥちゃん大好きなパパとママに見守られ本当によかったです
私はマックもあずも死に目にはあっていません
私の腕の中で逝かせてあげたかったとずっと後悔もしました
全てが運命なのでしょう
クゥちゃん最後までしっぽ振ってご挨拶できたのね
本当に健気です
パパとママを空の上から見守ってくれてることでしょう
2012/12/02(日) 20:37:43 | URL | ひまわり #-[ 編集]
クゥちゃん、お耳をしっかりおかあさんの方へ向けて、
おとうさんにポンポン尻尾で大好き!って伝えて、旅だって行ったんですね…。
クゥちゃんの先生の言葉、本当にその通りですね、
これだから犬ってやつは…たまらないほど愛おしいですね。
どんな子も必ず飼い主とお別れして旅立って行って、
たくさんのお別れの形がそれぞれあるけれど、
クゥちゃんと空、名前も同じで、旅立ちの形もたくさん共通点があって…
なんだか不思議な縁を感じてしまいます。
クゥちゃん、これからもお空でよろしくね…!
2012/12/03(月) 09:37:22 | URL | Coo #-[ 編集]
もう泣けて泣けて…一気に読めなかったぁ…
クゥちゃん、最期まで一生懸命頑張ったんやね
大好きなパパとママと少しでも長く一緒にいたかったんだよね
最期はママの腕の中で穏やかに旅立ったクゥちゃん
最期の最期までママの声をしっかり聞いて…安心して旅立てたんだよね
これからもずーっと見守ってくれてるよね!
2012/12/03(月) 10:41:55 | URL | チロ姉 #-[ 編集]
遅くなってごめんね。
クゥちゃんのお話を読みながら、そして読み終わってからもいろいろ考えていました。
まず最後まで頑張ったクゥちゃんのこと褒めてあげなくっちゃね。
健気に頑張りました!
大きな花まるの一生でしたね。
そして、次にお礼を言わなくっちゃね・・・
同じ年頃のルビーを抱えた私にとってところ違えど同じように頑張っているクゥちゃんがいてくれることがすごく心強かったし、COOCOさんに我がことのように心配してもらったことは生涯忘れることのできないありがたいことでした。
クゥちゃん、一緒に頑張ってくれてどうもありがとうね!

超可愛くて甘えん坊でお父さんお母さんに大切に大切に育てられたクゥちゃんがこうして立派に虹の橋を渡って行ったことをお母さんから教えてもらって、ルビ母もいつの日か天国のクゥちゃんに会ったとき叱られないように頑張ろう!って、思ったこと、
あまりの可愛さにそしてなんとも偉そうな態度にメロメロだったこと、
クゥちゃんやルビーがいた時間が超幸せだったこと、色々クゥちゃんには伝えたいことがたくさんあります。
でもなんといってもクゥちゃんがOOCOさんと合わせてくれたこと、心から感謝しています。
クゥちゃん、ありがとうね!
そしてCOOCOさん、これからもどうぞよろしくね!
2012/12/03(月) 21:27:19 | URL | ヒデッチ #-[ 編集]
何度も何度もこの記事を読もうと思ったけど 読めなかったの…
涙が出ちゃって たまらない気持になっちゃって…
ビッケとも重ねちゃってね
でも ついに今夜読みました
そしてたくさん泣きました

クゥちゃん ホントに良くがんばったんですね
そしてcoocoさんとクゥパパさんのお気持ちが痛いほどよくわかります
大事に大事にされて とってもかわいがってもらったクゥちゃんは
ホントに幸せだったと思うし
coocoさんもパパさんも クゥちゃんにたくさんの幸せをもらったんですよね
今はお空にいるお友達と楽しくやっていることでしょう
お友達に優しいお父さん お母さんの自慢話してるかもね~
クゥちゃん いっぱいありがとう
ビッケとも仲良くしてね

いつもクゥちゃんのブログにお邪魔するの 楽しみにしていました
かわいいクゥちゃんの姿を見て癒されてましたぁ 
でもそっかぁ これでおしまいにするんですね
淋しいなぁ
でもまたクゥちゃんのお話 たくさん聞かせてくださいね
coocoさん これからもよろしくお願いします
いつもありがとう
2012/12/10(月) 22:26:28 | URL | bimaまま #-[ 編集]
ラッキーパパさんへ
お返事遅くなってごめんなさい

同じ病気のラッキーちゃんなので、
読むの辛いだろうな~・・と思っていました
でも、読んで下さり、優しいコメントありがとうございます
同じ病気でも、必ず同じようになるとは限らないので、
ラッキーちゃんは、ずっと穏やかに年を重ねられるように、
応援してますからね~^^
2012/12/11(火) 00:40:29 | URL | cooco #mQop/nM.[ 編集]
岡山犬さんへ♪
お返事、遅くなってごめんなさい

いつも優しくしてくれて
どうもありがとう~
2012/12/11(火) 00:41:24 | URL | cooco #mQop/nM.[ 編集]
ベルのお姉ちゃんへ♪
お返事、遅くなってごめんなさい

突然でしたが、クゥ、最後までとっても頑張りました
すぐにアップすればよかったんだけど、
やはり辛くて中々出来ずにいました
ベル姉も、いつも気にかけてくれてどうもありがとう~
2012/12/11(火) 00:44:04 | URL | cooco #mQop/nM.[ 編集]
ジルママさんへ♪
お返事遅くなってごめんなさい

クゥ、最後までとっても頑張りました
ワンコって、本当に健気で可愛い存在です
クゥの為に沢山涙を流してくれてありがとうございます
ジル君がずっと元気でいられるように、
祈ってますね^^
2012/12/11(火) 01:28:04 | URL | cooco #mQop/nM.[ 編集]
なずな・ままさんへ♪
お返事、遅くなってごめんなさい!

最後まで、本当に頑張ったと思います~
だから、もう頑張れと言えなくなりました
甘えん坊のクゥだったけど、
最後は立派でした

今年の夏は、水色のチョウチョがお庭にいっぱい飛んできてくれて、
嬉しかったな~
来年の夏も、来てくれるといいな^^
2012/12/12(水) 23:25:31 | URL | cooco #mQop/nM.[ 編集]
yokkoさんへ♪
お返事、遅くなってごめんなさい

ワンコって本当に可愛いもの、
お別れするのはやっぱり辛いですよね
時間が経っても、思い出すとボロボロないてしまいます
葵ちゃんとクゥ、お空で仲良く遊んでるといいな~^^
そして、私たちの事も、見守ってくれてるんでしょうね
2012/12/12(水) 23:29:40 | URL | cooco #mQop/nM.[ 編集]
こまいぬさんへ♪
お返事遅くなってごめんなさい

ブログのタイトルにしたポンポンみたいな尻尾で、
最後まで愛情表現をしてくれました
あの時、本当に胸がいっぱいになりました
チャコちゃんの時、苦しまないようにとお祈りしてたんですね
本当に、苦しんでほしくないですよね
安楽死のことまで考えなければいけなかったのは、
とても辛かったですが、最後は安らかで眠るようだったので、
ホッとしました
甘えん坊のクゥだけど、最後はとっても偉かったです
お空で今頃、みんなに褒めてもらって喜んでるかな~?
2012/12/12(水) 23:40:12 | URL | cooco #mQop/nM.[ 編集]
ひまわりさんへ♪
お返事、遅くなってごめんなさい

あずちゃんやマックちゃんは、
ひまわりさんに心配掛けないように旅立ちたかったのかも・・
それも健気ですよね
旅立ち方はそれぞれ違うけど、どの子もみんな、
健気で可愛いのはおんなじですもん
今頃お空で、みんなで走り回ってるかな~^^
2012/12/12(水) 23:46:12 | URL | cooco #mQop/nM.[ 編集]
Cooさんへ♪
お返事遅くなってごめんなさい

クゥ、ちゃんと意識はあったので、
聞いてたと思います
本当に最後まで、健気で可愛かったです
たまらないですよね
空ちゃんとは共通点も多かったですよね
二人とも急だったとこまで同じで・・
よい先生にも恵まれたし・・
今後ともよろしく~^^
2012/12/12(水) 23:49:20 | URL | cooco #mQop/nM.[ 編集]
チロ姉さんへ♪
お返事遅くなってごめんなさい

チロちゃんの命日でしたね
チロ姉の思い読んで、泣きました~・・
今でも変わらないですよね
チロちゃん、お空でモテモテだと思うんだけど、
クゥもガールフレンドにしてくれてるといいな~

一気に読めませんでしたか~
チロちゃんの事も思い出しましたよね・・
でも、読んでくれてどうもありがとう~
2012/12/12(水) 23:52:09 | URL | cooco #mQop/nM.[ 編集]
ヒデッチさんへ♪
お返事遅くなってごめんなさい

大変だったのに、長い記事を読んでくれて、
コメントありがとうございます

甘えん坊のワガママちゃんでしたが、
最後はとっても頑張って、立派でしたよ~
ルビーお姉ちゃんより先に旅立ってしまったけど、
クゥも頑張ったので、褒めてもらって喜んでると思います
お空では、ルビーちゃんとも仲良くしてるかな~^^
お空で大人気だと思うおとシャンの靴下、
みんなで引っ張りっこしてたら可愛いな~^^
お別れした日の事は思い出すとまだボロボロ泣けますが、
でも、ちっこい体で沢山の思い出やお友達を残してくれて、
クゥにはほんと感謝してます
2012/12/12(水) 23:59:49 | URL | cooco #mQop/nM.[ 編集]
bimaままさんへ♪
お返事遅くなってごめんなさい

あの日の事を思い出すのは、
やはり今も辛いですよね・・
今でもボロボロ涙を流しながらビッケちゃんの話をするままさんだもの、
読むのも大変だったと思うのに、
読んでくれてありがとうございます

クゥにはどれだけ幸せをもらったか、
数え切れないです~
ビッケちゃんもそうですよね
ほんと、最後まで愛おしい存在でしたね

新しいブログと言っても、内容はほぼ同じかも・・(;^ω^)
これからもよろしくお願いしま~す^^

2012/12/13(木) 00:06:48 | URL | cooco #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。