元気なおばあちゃんポメ クゥの日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査
2010年11月24日 (水) | 編集 |
今日はとても長いので、

興味のない方はスルーして下さいね!


ご心配お掛けしてスミマセンでした

今日、クゥと病院に行って来ました
チックンされたよ~


まず、検査結果から

ALT(基準範囲)17-78  クゥ 48
ALP(基準範囲)47-254 クゥ 481

BUN(基準範囲)9.2-29.2 クゥ 36.8
Cre(基準範囲)0.4-1.4   クゥ 1.7


ALT 前回151→今回48 で正常値に!!

他はまだ高いんだけど

でも、こんなに下がってました~~!!

ALP 前回1496→今回481
BUN 前回56.4→今回36.8
Cre  前回2.0→今回1.7

嬉しくって、病院で拍手してクゥをムギュっとしちゃいました

先生も

「お薬を止めて2週間でこれだけ下がったのは、中々良いと思います。

まだ2週間ですから、もう少し様子を見ましょう。

まだ下がると思いますよ。良かったですね。」

と、言ってました


ネンネするよ~


ずっとクゥが通っていた病院では、肺水腫と言われたあとに

「クゥちゃんは肺炎も起こしてたと思うので、これも飲んで下さい。」

と、抗生物質と消炎剤を出されてました。

(肺炎なんか起こしてないと思うけど・・)

と、思いつつ、肺水腫になったんだし、きっと必要なお薬なんだろうと思い

飲ませてました。

でも、それからものすごいお水を飲むようになり

お鼻はカピカピに乾いちゃって・・

こんなにお水をいっぱい飲んだら、他の臓器に良くないんじゃないか・・

と、心配になって先生に聞いたんだけど

「でも、飲ませない訳に行かないので。」と言われて・・

でも、あんまりにもクゥがお水を飲むので

また先生に聞いたんだけど

私 「これは利尿剤の影響でしょうか?

   すごく元気にしてるんだけど、いつまで飲まなくちゃいけませんか?」

先生「利尿剤と言うより、消炎剤でしょうね。ステロイドですから。

   最近はあまり処方しない獣医が増えたらしいけど、僕は出しますよ。

   そうですね、もう少し様子見てからやめましょうか。」

これを聞いた時に、すごいショックだったんです。

私、お薬に詳しくないので、消炎剤がステロイドとは思わなかったんです。

ヒデッチさんが、ステロイドに注意するようにと言ってたのを思い出しました。

良いお薬なのは分かってるけど、ずっと飲ませてて大丈夫なんだろうか?

そんな事を思いつつ、でも、先生が大丈夫と言ってるんだし・・って・・


その後、クゥの数値が高くなった時、先生は

「クゥちゃんは、肝臓と腎臓も悪くなってしまいました。

これからは週に2~3回、点滴に来て下さい。」

と、言いながら、またクゥに点滴を始めたんです。

「クゥ元気なのに、また点滴するんですか?週2~3回した方がいいんですか?」

と、聞くと

「元気に見えてもして下さい。」って・・


元気にしてるのに、また点滴されちゃって、内心ハラハラでした・・

点滴は、皮下点滴と言うやつです

1~2分で背中に点滴の液体をためちゃうんです

それで、背中がボコっと膨らむんです

だからか、注射も太くて、クゥも痛いみたいなんです

それに、点滴されると疲れるのか、グッタリしちゃうんです・・


私、どうしても先生の言う事が納得出来ませんでした

これはきっとお薬の副作用に違いない

だから、クゥに毎週の点滴なんて必要ないんじゃないかと思えて・・

それに、心臓の悪いクゥに、毎週の点滴なんて負担になるんじゃないかと思ったんです。


それでネットで色々調べて、次の日はあちこちの病院に聞きに行って

検査もしてもらいました。


クゥの心臓の検査が終わってから、新しい病院の先生は

「心臓も落ち着いてるし、肺もキレイですね

以前のレントゲンはないけど、でも、身体の大きさから言って

心臓の大きさも普通だと思います。そんなに肥大もしてないと思いますね。」

そして、次の一言にビックリしました

「本当に肺水腫を起こしたんですか?」


以前の記事にも書いていますが→ココ

肺水腫と言われても、クゥがおかしかったのは診察台の上だけで

その前後はとても元気でした

咳もほとんど出てないし・・


でもまさか、そんな事で誤診なんてあると思わないし・・

でも、もしもそれが違ったのなら・・

イヤイヤ、まさか、そんな事はないよね

と、頭の中がグルグルです

だって、だとしたら、利尿剤だっていらなかったし、ステロイドだって・・



もちろん、さらに他の病院にも聞きに行きました



咳がほとんど出ないのに、肺水腫を起こす犬はいるそうです

少ないけど・・

診察台の上で急に体調を崩すワンコもいるし

結局のところ、実際診ていないとなんとも言えないと・・

それから、心臓の悪いワンコに点滴はやはりお勧めではないと言ってました

もちろん、状況によるけど・・


そして、検査してもらった新しい病院の先生と相談して

ステロイドは少し前に止めたばかりだったので

利尿剤も止めました。


利尿剤も止めても、まったく問題なしでした!

とても元気です


そしてお薬を止めて約2週間後の今日の検査で

数値が下がってたんです~~


良かった~~!!!

数値はまだ高いんだけど、でも、安心しました!

この調子で、正常範囲まで下がってくれますように!!!



と、言う事は、やはりお薬の副作用だったって事で

ちっちゃなワンコのクゥに、必要のないお薬を飲ませてたかもと思うと

申し訳なくて・・

クゥ、毎日お薬を飲んでますが、

すごく良い子に飲んでくれてるんです

だから余計申し訳ないです



ネンネ~

可愛くて、しつこく写真を撮っていたら・・

ごろ~ん


あ・・変なお顔してぇ~・・
おやすみ~

それにクゥちゃん、そんなに舌だして・・

乾いちゃうよ~

ツンツンして入れさせました

zzz


ごめんね

でも、元気でいてくれて、本当にありがとう








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。