元気なおばあちゃんポメ クゥの日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偉いんだよ
2010年10月25日 (月) | 編集 |
今日もクゥのアンヨのお話しです。

興味のない方はスルーして下さいね~!


前回の記事で、脱臼の事を書きましたが、

膝も緩んできているようですが、

クゥは股関節脱臼です。

膝が外れた時はケンケンしてすぐ入れていますが、

股関節の時は絶叫してます・・・


股関節脱臼をした日の夜は、食欲はあったけど、

いつもの元気ではなく、少し吐いてしまって、

クゥパパが帰っても横になったままお出迎えしていました

そっとしといて~


次の日も少し元気がなくて、お腹がキュルキュル~

公園に行って葉っぱ食べさて、深夜0時ころ、やっと復活です。


一応病院に行ったけど、関節は入ってるし、

キュルキュルもひどくないので様子を見る事になりました。


でも気になっちゃって、近所の人に教えてもらっていた、

うちからは行きにくい場所にあるんだけど、

評判の良い動物病院があるので、

とりあえず話を聞きに、私一人で行ってみました。


行った時、とても混んでいたのに、

クゥも連れて行かず、ただ話を聞きに行っただけなのに、

診察室に通してくれて、30分くらい色々と話してくれる熱血先生でした。



まず、股関節脱臼を自分で入れるなんて考えられないと言われました。

先生「相当痛いはずです。うちでも股関節脱臼したワンちゃんの関節を入れる時は、

   わりときつめの局所麻酔をしてからやります。
  
   じゃないと、相当な痛みですから、そのまま入れるなんて出来ません。
   
   それを自分で入れるなんてありえないです!!」

私 「もちろん、ものすごく痛がります・・

   近所中に響き渡る声で鳴いて痛がってますから・・

   でも、本当に自分で入れるんです。

   確かに、他の病院でも、

   局所麻酔で入れるって言われましたが。。

   初めての時はかなりグッタリしていましたが、

   病院から帰って数時間後に自分で入れてました」


先生 「かなりの痛さだろうに。。偉いね、犬は。」


なんて言われて、なんだかウルウルしちゃいました

股関節が外れると、ものすごい声で鳴くので、

ものすごく痛い事は分かるけど・・

改めて、相当な痛さなんだな~・・と思ったら可哀想で・・

大丈夫だよ~♪

「ここの関節は~」とか、「靭帯が~」とか、

細かく色々お話聞かせてもらいましたが、

まあ、治すには手術しかないんだけど、

13歳の心臓病のクゥには、手術は無理だと思うので、

今後も痛みが出るのであれば、お薬で対処していくんだそうです。



「自分で関節入れるなんてクゥちゃん偉~い」とか、

よくコメントもらうけど・・

次の日のお腹キュルキュルは、脱臼のショックからだろうし、

それ程痛いのに自分で入れるし・・

キュルキュルは葉っぱで治すし~・・

本当に偉いかも~(T_T)

と、思ってしまった親バカcoocoです

偉いんだよ~


クゥはアンヨは丈夫なワンコでした。

自転車やテーブルから飛び降りても骨折しなかったし。


10歳の時に、突然脳に炎症が出て、

2~3歩歩くとふらついてしまうようになり、

そのふらつきが原因で関節がゆるみ、

股関節脱臼をしてしまったのが最初です。


その時、手術すれば良かったんだけど、

その3~4カ月前に、子宮の病気で夜中に緊急手術したばかりだったので、

脱臼の方は様子を見る事にしたんです。


最近も、つい、心臓の方ばかり気にしてしまって、

アンヨの事はあんまり気にかけていなくて・・反省です・・

ごめんね、クゥ


お散歩は行きたがるので、今日は小雨の中10分ほどお散歩に行きましたが、

尻尾も上がって、昨日までよりは、足取りがしっかりしてました!

ただ、アンヨを摺る音がするので、本調子ではないと思うけど・・

振り返る時とか、後ろアンヨの動きがぎこちなくておかしかったし。

ななちゃんみたいに、電気してくれる病院探してみようかな~

でも、クゥが大人しくレーザーなんてさせてくれるかな~(;^ω^)



記事を書きながら、ふと見ると・・

クゥ、丸くなってネンネ中です

丸まるよ~

丸くなってると、コロッケに見えるんですよね~

色合いも、揚げたてのコロッケみたいじゃないですか?

よ~く見ると、手手が・・

手手が♪
手手が可愛い・・(〃▽〃)








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。