元気なおばあちゃんポメ クゥの日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査
2009年06月22日 (月) | 編集 |
先週の月曜日の事ですが・・

動物病院に行ってきました。
どよ~ん・・・
この顔・・

今年の4月の終わり、心雑音がある事のわかったクゥ。

前回の病院を信用していない訳ではないのですが、
今回また、別の病院で検査してもらいました。


僧帽弁閉鎖不全症 レベル1  
と、言う事になるのだそうです。

老犬に多い病気です。

レベルは1~6まであって、
1は一番軽く、数字が大きくなるほど、症状が重くなります。

この病気は、簡単に言えば、心臓の弁の働きが悪くなり、
血液が逆流してしまい、それが雑音として聞こえるそうです。

前回の検査の時、心肥大もなく、弁にも特に異常が見られず、
血液の逆流も見られませんでした。

なので、もう少し様子を見る事になり、お薬はまだです。

正直言って、ショックでしたし、それでいてピンと来ませんでした。
一生飲ませ続けるお薬にも、抵抗がありました。

だけど、調べれば調べるほど、心臓のお薬は早く飲ませた方が良い事がわかり、
悩んで、何軒かの動物病院で診てもらった方が安心かなと思い、
今回また、別の病院に行って来ました。

どきどきどき

クゥの前のワンコくんが、あまりにもすごい声で鳴いていたので、
クゥは固まっちゃいました


検査の結果・・・

先生 「結果から先に言いますね。
    私の意見では、クゥちゃんに急いでお薬を飲ませないで、
    正解だったと思います。
    雑音は微弱で、ほとんど聴こえないような感じですね。
    心肥大もない、弁の動きも良いです。
    他の病院でさんざん説明を受けたと思いますが、
    心臓のお薬は、早く飲ませた方がいいし、
    私もいつも、早く飲ませるように勧めています。
    でも、クゥちゃんの場合は、もう少し様子をみてあげたい。」

沢山お話を伺い、先生も時間を掛けて親切に説明してくれました。
優しくて、老犬の病気に詳しいとワンコ友達に教えてもらい、
行ってみたのですが、本当に優しい先生でした。

気管虚脱もあるので、その状態も診て頂いたのですが、
そんなに悪くはないそうです。
それでもむせると苦しそうでかわいそうで・・

体重は、一か月前3・45キロから、3.40キロに、
ほんのちょっぴりダイエット成功です。
もう少し、痩せようね。

帰り道、ふと、「これって、無害性心雑音じゃないのかな~?」
と思ったのだけど、クゥは年齢から来ているそうなので、
やっぱり違うのかな~?など考えながら、
でも、また少し安心して帰って来ました。

げんきで~す♪

これからも、マメに検査しないとね。

でもクゥ、元気でいてくれて、ありがとう。

クゥも、どのワンコさんも、時間がゆっくり穏やかに流れてくれますように・・



~マルコ~
13日目 6434歩
14日目 4778歩
15日目 4287歩




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。